気軽に楽しめるゆば料理専門カフェ「紫水庵 ゆばカフェ」がオープン!

9月24日(金)“体にやさしい豆冨会席料理”が評判の〈豆冨会席 紫水庵〉にて、新たに気軽に楽しめるゆば料理専門カフェ「ゆばカフェ」がスタート!
自社工房の生ゆばをふんだんに使用した紫水庵ならではの季節感あるゆばのお食事メニューをメインに、珈琲やケーキなど気軽に利用できるカフェに生まれ変わります。地域先行オープン直前に編集部スタッフが突撃取材してきましたので早速ご紹介いたします。(編集:なび太)

  • 更新日:2021/09/13
  • 公開日:2021/09/14
  • お気に入り数:0

1.気軽に楽しめるゆば料理専門カフェ「紫水庵 ゆばカフェ」とは?

醤油・味噌・豆腐などの伝統食品を製造・販売するヤマキ醸造が運営する〈豆冨会席紫水庵〉にて、9月24日(金)【9/18(土)~9/21(火)地域先行オープン】より、新たに「ゆばカフェ」がいよいよスタート!
豆庵とうふ工房の生ゆばをふんだんに使用した紫水庵ならではの季節感のあるゆばボウルをメインに、珈琲やケーキなど厳選した素材を生かした自然な味わいがお楽しみいただけます。

※彩北なび!視聴者特典
先行OPEN期間中【9月18日(土)〜21日(火)】に来店されたお客様は、スタッフに「彩北なびを見た」と伝えていただければ、「ゆばボウルメニュー全品100円引き!」でご利用いただけます。

2.メインは「ゆばボウル」

「ゆば」と言いますと、普段の食卓にはなかなか登場しない、贅沢品のイメージがあるのではないでしょうか?
ゆばは豆腐を作る過程で出来る、温かい豆乳の上に張る薄い膜で、大量には生産できない貴重な食材です。
原料は「畑の肉」とも呼ばれる栄養価の高い大豆ですから、良質なたんぱく質を多く含み、古くから精進料理などでは肉の代わりに食べられ栄養豊富でヘルシーな食材として親しまれてきました。
そんな魅力たっぷりのゆばを、もっと日常的に楽しんでいただきたいと思い、考案したのが「ゆばボウル」。
ゆばボウルは、豆庵とうふ工房で朝一番に汲み上げたとろとろの生ゆばとカリカリに揚げたゆばを、ヤマキ醸造の調味料を中心に厳選した素材でつくった温かいソースに有機米ごはんと一緒に食べる新しいゆばの味わいと2つの食感が味わえます。

左より、ゆばボウル「あか」、「しろ」、「くろ」
とろける口溶けの生ゆばと、カリカリゆばを有機米ごはんと一緒にお楽しみください♪

3.その他メニュー

その他、ゆばを使用したサイドメニューやドリンク、スイーツメニューは今後もメニューを充実させていきたいとの事。
ランチやティータイムもゆばや豆乳を楽しめるメニューとなっております。
なお、ご好評いただいている会席料理(予約制)は、毎月1回の特別開催となります。
こちらは予約制となっており、日程につきましては下記の店舗基本情報内の【ヤマキ醸造 公式サイト】よりご確認ください。

4.紫水庵のこだわり

〈紫水庵5つのこだわり〉
・国産の有機栽培・特別栽培大豆で作る豆庵とうふ工房の生ゆばを使用しています。
・豆太郎の有機野菜など環境保全型農業で作られた農作物を中心に地元で採れた旬のものを使用しています。
・味づくりはヤマキ醸造の調味料を中心に、厳選したものだけを使用しています。自然の風味を大切に化学合成調味料などの添加物が入ったものは使用しておりません。
・水は地元の湧水「神泉水」をご提供しています。
・一部メニューを除き、ヴィーガン・ベジタリアンにも対応しております。
また、安心してご利用いただくため感染対策を徹底、またテイクアウトもご利用いただけます。

豆冨会席 紫水庵

住所 〒367-0311 児玉郡神川町大字下阿久原955
電話番号 0274-52-7030
営業時間

ランチ

11:00~14:30

※ラストオーダー 14:00(しばらくは営業時間を短縮しております。)
※会席コース 「食を味わうひととき御膳」
毎月1回開催(予約制)
※土・日・祝日のみ営業

定休日

月、火、水、木、金曜日

※土・日・祝日のみ営業

基本情報へ

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
今後紫水庵では、これまで培ってきた和食の心、四季の野菜を活かしたお料理を、「和食」だけに捉われない自由な発想で作りご提供していきたいとの事。
お食事からティータイムまで、ゆったり寛げる癒やしの空間で心寛ぐひとときを皆様も過ごしてみませんか?

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る